忍者ブログ

アニメ部のブログ

こちらは、創作オンリーイベント「COMITIA」内で活動する「アニメ部」のブログサイトです。

Uzimushi_No_waKu_kOroni【T30b】

かつてはアニメーションを作っていましたが、遂に力尽き文筆活動に移行。
今後はちょくちょく本も出していく予定ですので、宜しくお願い致します。

『テユベスクの歌 - The song of Te iubesc』
ソ連崩壊後の東欧を舞台とした物語。東の国の暗殺者の少女は、西の諜報員への恋に落ちるが……
(四話九十分の予定でしたが、三話六十分で作者が力尽きました。現在はカクヨムにて小説として執筆中です)

『今日も平和な終末を - weekend worldend -』
時は二〇一〇年。
北京五輪を成功に収め、大国としての頭角を現しつつあった大中連は、属国の楽園(ラグォン)を使い、日本本土への侵攻作戦を決行に移す。
作戦名は「真に半島を出よ」海岸線の各地から上陸を敢行するラグォン軍に国内は混乱し、政府は統治機能を失ってしまう。

一方その裏で大中連は「反国家分裂法第一項」の適用を宣言。台湾諸島を支配下に置くと同時に、治安維持を名目とした日本への武力介入を開始する。
戦後五十年の欺瞞が瓦解するその日、交錯する物語はどんな結末を描き出すのか。

十八歳の時分から構想を練り、二十歳の折に制作・公開したアニメーション作品です。
当時は「未来」だった二〇一〇年も、今では遠い「過去」の話。在りし日の狂気と暴挙を、これを見るどなたかの記憶に、せめて。



【頒布情報】
テユベスクの歌 - the song of the iubesc - DVD:1500円
今日も平和な終末を - weekend world end - DVD:500円
トードリリーの歌 - A song less love song -  A5製本:300円
ソーレディの歌 - Unsung suns love song -  コピー本:100円

テユベスクの歌、DVDをご購入頂いた方には、本二冊をお付け致します。
コピー本は少部数しか持ち込みませんので、品切れの際はご容赦下さい。

昨年の「アニメ部」参加でその圧倒的な熱量をまざまざと見せつけ、つい先日にはコミティアの情報誌『ティアズマガジン』にも取り上げられた衝撃作、『テユベスクの歌』。数年をかけて作られた45分間のアニメーションは、「ザ・自主制作」を体現する猛烈なものになっています。今回はその続編にあたる小説本も登場。まだチェックしていない方、このチャンスを逃さないでください……!

ウェブサイト:YouTubeチャンネルカクヨム
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

プロフィール

HN:
アニメ部管理人
性別:
非公開

最新コメント

P R